03

NEWS

ショートショートフィルムフェスティバル & アジア2017 Cinematic Tokyo最優秀賞受賞!

SCROLL

アジア最大級の国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017 Cinematic Tokyo部門において、岡村 靖弘(03)、松 宏彰(TYOクリエイティブ・センター)が手がけた「東京音℃」が最優秀賞(東京都知事賞)を受賞しました。

「東京音℃」はTYOのクリエイティブプロジェクト"PIECE OF TOKYO"のひとつとして制作された作品。
東京に暮らす4人の女子を通じて見えてくる、東京という都市の体温をクールで斬新な映像で表現しています。

今年新設されたCinematic Tokyo部門は、多彩な「東京」の魅力を国内外に発信するショートフィルムを全世界から募集するコンペティション部門で、入選9作品のうち3つが"PIECE OF TOKYO"作品(「東巨女子」「東京音℃」「とう と きょう」)という快挙となりました。

6月11日に行われたアワードセレモニーでは、「東京音℃」の演出を手がけた番場秀一(祭)が小池百合子東京都知事からトロフィーと賞状を授与されました。

アワードセレモニー
TYOリリースはこちら
東京音℃
PIECE OF TOKYOサイト